二重まぶたにする方法 > 二重にこだわる理由

二重にこだわる理由

二重まぶたを何としてでも手に入れたい。自力だろうが整形手術だろうが、どうしても二重まぶたになりたい。
そんな想いに駆られる理由のひとつに、就職活動というのを挙げました。
人は見た目で判断されがちです。本当はとても明るい性格の持ち主なのに、一重まぶたでまぶたが腫れぼったいせいで怒っていると思われてしまう。
人と人が付き合うのにも時間がかかります。分かり合うにはもっと時間がかかります。
いくら怒っていないとはいえ、わかってもらうのに時間がかかってはたまりません。
確かに人は内面が大切です。なので外見ばかりにとらわれていてもいけません。一重まぶたで満足の方だってたくさんいるはずです。
切れ長でクールな印象を与える場合もありますので、ひとえに一重まぶたが良くないとも言い切れません。
しかしクールな印象を相手に与えて嬉しいのは、大半は男性でしょうか。
女性はやはり好きな人に好かれたいです、可愛いと思われたいです。
そのために最初は自力で二重のまぶたを手に入れようと努力します。まだお金が自由にきかない中学生、高校生はアイプチなどを利用するでしょう。
そのうち働くようになれば、整形手術で二重まぶたになる方もいらっしゃるでしょう。
やはり女性に生まれたからには、少しでも綺麗に見られたいのが本音でしょうか。特に好きな人からはそう思われたいのです。
そのために、アイプチで肌が荒れてしまおうとも、なんとかして自力で二重になるためには努力は惜しまないのかもしれませんね。