二重まぶたにする方法 > 二重まぶたの手術

二重まぶたの手術

なんとかして自力で二重のまぶたにしようとしてみたが、やはりまぶたが重すぎてできない、もっと手っ取り早く二重のまぶたを手に入れたい方には、やはり整形手術しかないでしょう。

今は医療も進歩していますし、皆さん簡単に二重まぶたの手術をされているようです。

プチ整形といった言葉からも、一重まぶたを二重まぶたにすることは、ちょっとした簡単なことになりつつあるようです。

手術のひとつに「埋没法」といった方法があります。

これは、プチ整形として非常に人気がある手術で、整形がポピュラー化したきっかけになった手術法です。

メスによる切開法は必要とせず、針とナイロン糸を使ってまぶたにひだを作ります。

この方法は「ストレッチファイバー」で自力で二重にする方法を同じような感じです。

ただ、自力とは違って周りにも気づかれずより自然な二重を手に入れることができます。

手術の手法も簡単で5分~10分といった短時間でできるのです。

そしてこの手法が好まれる理由のひとつでしょうか、仕上がりに不満があれば抜糸すると元に戻ります。

メスを使わないため、手術後も化粧や洗顔も翌日から可能となります。

仕事場へ出勤したり学校へ行くのも翌日から可能です。

手術方法としてはまぶたの2箇所をとめるのが一般的だそうです。

ですが一箇所でも数箇所でも可能のようです。

糸の通し方にもいくつかやり方があるようですし、一概にどの方法が良いというわけではなさそうです。

手術後の仕上がりや適応しているかの判断などは、医師の経験や知識などが問われますので、医師選びは身長にいきたいものですね。