二重まぶたにする方法 > ストレッチファイバー

ストレッチファイバー

私はアイプチと同時期に使っていたのが「ストレッチファイバー」です。私にとってこれは自力で二重まぶたを作るのに欠かせない商品です。
こちらは様々なメーカーから出されているようです。私が使っていた某メーカーのストレッチファイバーは、極細糸でした。
このストレッチファイバーをまぶたに貼れば、たちまち綺麗な二重のラインを作ってくれます。
まず、このストレッチファイバーをまぶたの大きさに合わせてカットします。が、個々の時点でかなりの技術を要します。
とにかく極細の糸ですから、そのファイバーの糸に両面テープがくっ付いているのです。
はさみでカットする段階で、はさみに両面テープが付いてきてしまいます。普通のはさみでは両面テープがくっ付いてしまうため、私は赤ちゃんの爪切りを使用していました。
このはさみは非常に便利で、ストレッチファイバーをまぶたに付けた後、余分な部分をカットせねばならないときも活躍してくれます。
何とか上手くまぶたに貼れたら、後はプッシャーで形を整えるだけです。
ストレッチファイバーは極細の両面テープのようなものです。ですが引っ張ると伸びるので、まぶたに付ける際に伸ばして付けるのもひとつの方法です。
細く伸ばして上手く付けられるようになれば、より自然な自力での二重まぶたの完成です。
私はアイプチよりも使いやすかったです。肌が荒れてしまっている人にも、簡単で荒れずに良いかもしれません。
ただ、アイプチよりも人にわかりやすいといった点が難点でしょうか。
しかし技が上達していき極細のストレッチファイバーを上手くつけられれば、ちょっとした整形したような目になります。
ただしあくまで目を開けた状態の場合のみです。