二重まぶたにする方法 > 中学生時代の奥二重

中学生時代の奥二重

その後中学生になった私は、左目だけが奥二重の幅が広がってきました。
そもそも奥二重とは、二重の幅が狭いため隠れてしまっている場合と、まぶたが重くて二重の幅が見えなくなってしまっているのと
二つあります。
私の左目の奥二重はまぶたが重かった場合だったのですが、成長と共にまぶたの肉が取れてすっきりしてきたという理由からだと思います。
ですが、まだまだ奥二重っぽい感じが残っています。きっと元々二重の幅が狭いのでしょう。
右目は残念ながらまだ腫れぼったさが残っています。そこでよくよく観察してみると、私の顔面の右半分はあまり使われていないことがわかりました。
なので、きっと目の上の筋肉も使われていないためすっきりしなかったのかもしれません。
中学生時代と言うのは思春期です。何かと人目を気にします。良く見られたい。可愛く思われたい気持ちも爆発です。
そのためいかに可愛くなろうかと日々努力をしたいのですが、目立つようなことや人にわかってしまうことも避けたいものです。
何とかして自力でさりげなく二重まぶたにしたい、といった気持ちでいっぱいでした。
試行錯誤の日々を繰り返しながらも、顔の体操だけは続けていました。ウィンクをして目の上の筋肉をすっきりさせようといった努力は惜しみませんでした。
勉強や部活動が忙しい中、頭の中には常に自力で二重のまぶたを手に入れる気持ちがありましたね。
授業の合間には、さりげなくまぶたを擦ったりもしました。皮膚が薄くなりしわを寄せる作戦です。
しかしこれも上手くはいかなかったのですが、中学時代は頑張っていました。