二重まぶたにする方法 > 奥二重の私

奥二重の私

二重のまぶたと言えば、奥二重や一重の方にとっては憧れの目でしょうか。
そういう私も奥二重で小学生時代より、いかにして自力で二重のまぶたになれるか努力してきました。
小学生時代はまだ発達途中のため、その時代に奥二重だったりしても後に二重になる友人らもいました。
まぶたの腫れぼったさが、成長と共にすっきりしてくるためでしょうか。実に羨ましいと横目で見ていました。
小学生時代の、自力でまぶたの二重になるための矯正は、知識がないためセロテープのみでした。
セロテープを細く長く切り、まぶたに貼るだけです。しかしいかにしてセロテープを細く切るかが、その頃の課題となりました。
セロテープが太いと、二重に矯正した時にかなり不自然です。二重になる前にまぶたが痛いです。

ですが、小学生の技術でセロテープをはさみで細く切るには限界があります。指紋だらけでセロテープの粘着力も弱まります。
後は、セロテープではなく両面テープも試みました。しかしこちらはセロテープより高度な技術を必要とするため、小学生では無理でした。
そして次に考えたのが「のり」です。工作の授業に使っているのりを、少しまぶたに付けることによって粘着力をまぶたに付けさせます。
そうするとなんとかまぶたが自力で二重になろうとしてくれます。今で言う「アイプチ」の元になっていると言えばそうでしょうが。
しかしながら所詮のりなので、まぶたが荒れてきます。くれぐれも真似はなさらないようにしてください。